ノウハウ

【絶対に押さえておきたい分析手法!】 3C分析とは?

2018/1/12

chart-2785979_1280

3C分析を知っていますか?

自社を取り巻く環境を理解し、経営戦略の立案に役立つフレームワークです。

知らない方はここで知識をつけ、知っていた方はおさらいをしましょう!

◆あわせて押さえておきたい!

3C分析の概要

writing-933262_1280

3C分析の目的は、自社の経営戦略を決める時に使います。

例えば、新市場への新規参入のものさしにしたり、既存の事業を撤退するかどうかの見極めなどが挙げられます。

そもそも「3C」とは?

  • 市場、顧客:Customer
  • 競合:Competitor
  • 自社:Company

これらの頭文字をとって「3C」と呼んでいます。それぞれの項目で何を明らかにするかは以下にまとめました。

3つのCにおいて明らかにすること

thought-2123971_1280

  • Customer(顧客)

自社の商品はどのような顧客に売れるのか、購入見込み客や市場について把握していきます。

  • Competitor(競合)

自社の競合はどのブランドか、ライバルは何社存在するのか、競合の業績や顧客属性、サービスの強み・弱みなどを調査します。

  • Company(自社)

3C分析のまとめでもあります。顧客の動向、競合の調査をまとめ、現状の自社の課題を見つけます。客単価や顧客の年齢層、ライバル店が登場して自社が変化したことがあれば、それもまとめましょう。

3C分析から戦略立案まで

abstract-1239387_1280

次は実際に3Cを使った分析方法を見ていきましょう!

(1)顧客の目線から自社の状況を把握する

まずは自社・自店舗の現状をまとめます。

店舗の場所、店の雰囲気、顧客の属性(年齢・性別・1人か複数で来るか)、平均滞在時間、客単価を中心にざっと挙げていきましょう。

(2)3つのCを分析する

Customer(顧客) →Competitor(競合) →Company(自社)

この順にそれぞれの要素を掘り下げていきます。

昔と今を比較したり、理由づけ(「主婦層が多く来店するので、客単価は低め」など)をするとより分析しやすくなります。

(3)総まとめ

(2)の分析結果の項目を元に、(1)での課題をあぶりだし、今後の戦略や方向性を導き出していきます。

まとめ

いかがでしたか?

あらゆるマーケティングの手法の中でも、3C分析が一番取り組みやすいビジネスのフレームワークでもあります。

ぜひ3C分析を今後の戦略に役立ててみてくださいね!

スポンサーリンク

-ノウハウ
-, , ,

Copyright© アパラボ , 2019 All Rights Reserved.