ノウハウ

【最適な情報を簡単配信!】実店舗とオンラインをつなげるロケーションベースマーケティングとは!?

投稿日:2018/7/10 更新日:

パソコンが机に並べられた画像

ロケーションベースマーケティングという言葉を知っていますか?これは顧客の端末位置情報を活かし、位置情報に合わせた特定の消費者に向けて最適な情報を提供するマーケティング手法です。

消費者に価値ある情報を提供することで実店舗とオンラインの壁をなくし、店舗のファンを獲得することが考えられます。今回はロケーションベースマーケティングについて注目していきます。

ロケーションベースマーケティングとは

ロケーションベースマーケティングは顧客の位置情報を連動させ地域的に最適な情報を発信するマーケティング手法です。

消費者はオフラインだけではなく、オンラインからもその顧客に適した情報を提供することでオフラインとオンラインの壁をなくしている。

そのため、オンラインから実店舗の来店を促すO2O(Online to Offline)施策につながっています。

ロケーションベースマーケティングのメリット

スマートフォンの画像

ロケーションベースマーケティングのメリットは2つあります。

  1. GPSやbluetoothなど多彩なツールや技術を駆使してターゲットとなる顧客にアプローチできる
  2. 店舗近くにいる消費者が興味を示しそうな内容を通知できる

またさまざまなお客様にアプローチできるため、それぞれに適した情報を提供できることも有効的です。

ロケーションベースマーケティングの実例

近距離無線通信(NFC)

NFCの画像

オンラインショッピングと実店舗での買い物をスムーズにさせるため、Apple PayやLINE PayなどのNFC対応させた支払い方法を実店舗で導入する取り組み

ジオフェンシング(Geofencing)

GPSや携帯電話の電波等を利用することで、ユーザーの端末があるエリア内に入ると自動的にクーポン情報やセールス情報、または駐車場の情報などを顧客に提供する取り組み

ビーコン

スマートフォンの画像

ビーコンはBluetoothを用いて近距離の顧客に情報を提供する取り組み

例としては「LINE beacon」はLINEアプリを通して、近距離の店舗の情報を提供しています。

SNSチェックイン

顧客が店舗もしくはオンラインサイトに訪問したことを顧客のSNS上に自動アップロードする取り組み

顧客の友人から友人へブランド認知度を広める効果があります。

まとめ

ロケーションベースマーケティングは様々なお客様に対して、それぞれに適した情報を提供できるため、顧客満足度を高められる施策です。

ビーコンなどはLINE以外にも各社からサービスを提供しているので、チェックしてみましょう

スポンサーリンク

-ノウハウ
-, , , , ,

Copyright© アパラボ , 2019 All Rights Reserved.