ノウハウ

販売管理のソフト利用者必見!業務効率化できるクラウドシステムとは

2019/11/27

アパレル業界で販売管理ソフトを利用する会社では、このような悩みが多いです。

・サーバー型の別ソフトで管理しており、社内サーバーを管理できる人材が必要である
・個別で管理されている業務をまとめて管理したい
・今後事業拡大していきたいが導入コストが高い

そこで今回はサーバー管理が不要かつ、販売管理が効率化できるクラウドシステムについて紹介していきたいと思います。

クラウドシステムとは

クラウドとは、インターネットを経由してユーザーにサービスを提供する形態のことです。
クラウドを使ったシステムのメリットは、大きく分けて3つあります。

・サーバーを所有せず、必要なときに必要な機能を利用する仕組みのため、サービス購入費用がかからない
・クラウドサービスを利用することで、自社でのシステム開発時間を短縮できる
・システムの運営元がメンテナンスを行うので、ユーザー側でのメンテナンスは不要

クラウドシステムの特徴紹介

これからアパレルに特化した、クラウドシステムの代表的な特徴を3つ紹介します。

受発注から請求処理まですべての業務を一元管理

受発注・仕入・販売・請求処理まで、すべての業務を一元化管理します。
業務効率化を図り、導入前より少人数で業務がまわる業務処理速度の向上伝達ミスの防止など、大幅なコスト削減を実現

蓄積されたデータから、レビューや改善施策が分かる

一元化管理により蓄積されたデータを、自由に集計・分析することも可能です。
システム内に備わった集計・分析ツールによって、事業成果のレビュー改善施策を受け取り、企画や運用に活用できます。

サーバー管理不要!常に最新アップデート対応可

システムの運営元がサーバー設計・管理を行うので、保守性が高い点でも安心。
常に最新版のソフトウェアにアップデート対応可能で、日々使いやすさが向上します。
サーバ選定・リプレース予算は一切不要です。

アパレル特化型のクラウドシステムを導入する3つのメリット

クラウドシステムの導入メリットを3つ紹介します。

アパレルに特化した多機能で効率化

アパレル業界特有のブランドシーズン管理や、プロパーセール価格管理など、業務に合った管理機能を備えるアパレル特化のクラウドシステム。
劇的な効率化を図り、裏方として業務をしっかりバックアップします。

リアルタイムでデータを可視化

店舗ごとや従業員ごとに個別で保存していたデータも、一元化管理によってどこからでもリアルタイムのデータを可視化できるようになり、情報共有にかかっていた時間が縮小します。

高価機器不要でコスト削減

導入にあたって、環境の構築・整備はシステムの運営元に任せられるため、社内に専門知識を持ったスタッフがいなくても利用可能です。
高価な機器類の用意も不要なので、コストの削減に繋がります。

クラウドシステム導入事例

レディースの靴の企画・製造・卸・小売りを行う靴専門商社「株式会社馬里奈」。
非効率な在庫管理や、蓄積するだけになっているデータ管理を改善するため、アパレル特化のクラウドシステム「birdiecloud」を導入しました。
導入後に起こった変化は以下の通りです。

・在庫や売上の検索・追跡がしやすく、誤処理の裏付けなど調査が容易になった
・既存システムに比べ、分析が格段にしやすくなった
・値割引や会計契約処理がスムーズになり、作業効率が上がった
・自店以外の在庫検索もスムーズで、店舗間の在庫移動がしやすくなった

簡潔で分かりやすいシステムは、現場スタッフでもスムーズに使用できます。
煩雑な在庫管理問題を解消し、効率アップとなりました。

【まとめ】業務効率を上げるアパレル特化型クラウドシステム

アパレル特化のクラウドシステムを導入することで、業務に合ったバックアップ機能が利用でき、圧倒的な効率化に繋がります。
また、Webブラウザ上で容易に操作ができるため、導入のハードルが低くなります。

アパレル業務の効率化を目指している方は、お気軽に「birdiecloud」へ問い合わせ・資料請求をしてみてください。

スポンサーリンク

-ノウハウ
-, ,

Copyright© アパラボ , 2019 All Rights Reserved.