ノウハウ

エクセルデータの管理から脱却!クラウドシステム導入で自動化へ

2019/12/11

あなたの企業では、データ管理を効率よく行えているでしょうか。
Excel(エクセル)を用いているアパレル企業からは、以下のような悩みをよく伺います。

「Excelファイルの関数が破損したり、ファイルが重くて開けない」
「Excelファイルでの運用(記入・計算・集計)に時間を要してしまう」
「報告処理はすべて手作業で行っているため、ヒューマンエラーが頻発している」

そこで今回は上記のような悩みを解消する、アパレルのデータ管理に特化した”クラウドシステム”についてを紹介します。
これを機に、Excelを利用したデータ管理から脱却を検討しましょう!

データを正確に管理できていないとどうなる?

大切な商品や売上などのデータはしっかりと管理し、数値を分析したあと次の行動に起こすことが、事業を成功させるうえではとても重要になります。
データを正確に管理できなかった場合、どのような問題が起こるのか。
実際に起こった問題の事例も加えて紹介していきます。

売り逃し(チャンスロス)の増加

データ管理が正確に行えないと、以下のような問題が起こりえます。
・売り逃し(チャンスロス)の増加
・顧客への信用損失
Excelで管理をする場合、データをすぐに反映することはできません。
結果的に、商品購入の直前で「空売り」状態になる事例もよくあります。

解決策

クラウドシステムは全店舗の在庫状況がリアルタイムで反映されるので、「売り逃し(チャンスロス)」を防ぐことができます。
また、実店舗に限らずEC店舗ともデータを連携できることも、クラウドシステムの魅力です。

販売戦略の整合性が失われる

事業拡大に向けて、店舗数が増えていくことは嬉しいことです。
一方、店舗が増えるごとに業務も増し、多数の業務・データを管理することは困難となります。

またExcelでのデータ管理は、手作業で数値の計算や集計を行うため、誤った数値を分析してしまうこともあります。
その結果、数値の整合性が取れず、誤った戦略を実行する危険が伴います。
店舗数が増えればその問題はより増えます。

解決策

クラウドシステムは自動で集計してくれるため、たとえ店舗が増えたとしても影響がありません。
また、柔軟性の高いデータ解析をしてくれるので、販売戦略も効率よく立てる事ができます。

クラウドシステムのデータ管理の仕組みとは

そもそもクラウドとは、インターネットを経由してユーザーにサービスを提供する形態の事をさします。
Excelとクラウドでデータ管理の大きな違いを例えると、以下になります。

Excel管理:アナログ / クラウド管理:デジタル

独立したファイルをもつアナログデータか、ファイルを共有し合うデジタルデータという認識になります。

クラウドシステムのデータ管理の仕組みは、データを管理システムに情報を入れ込むと、その情報が登録されたすべての基盤にもリアルタイムで反映(共有)される仕組みとなっています。
そのため管理者や店舗従業員はどこで、どの商品が流行っているか、在庫数など数値単位ですぐに把握できます。

クラウドシステムを導入するメリットとは

クラウドシステムを導入するメリットを3つを、
今回は当社が持つ、アパレル特化型サービス『birdiecloud』の機能をもとに紹介していきます。

複数店舗・ECのデータ反映を常に自動化

商品や顧客などのデータは、1つのクラウドシステムで店舗数・EC問わず全て自動で反映されます。
また、クラウドシステムはPOSレジとも連携可能です。

例えば、商品在庫が店頭になかったとしても、他店舗の在庫状況もすぐにわかるので、顧客に正確な案内ができるようになります。

アパレルに特化したデータ集計・解析が可能

アパレルの商品は同じ商品でも、カラー・サイズの種類が豊富のため、商品管理が複雑になりがちです。
しかしアパレルに特化したクラウドシステムの場合、アパレル特有のSKUにも対応したシステム設計のため、データ管理がシンプルになっています。

また、データの計算や集計、解析はすべて自動化されているので、二重入力や転記作業の手間コストが削減でき販売戦略に専念できる魅力もあります。

複雑な業務管理を一元化

アパレル業界が必要とする管理業務はたくさんあります。
商品・ポイント・顧客・展示会・在庫・請求書など・・・
そのような複数の業務を一つのサービスで一元化管理し、効率よくデータ管理を行うことができます。

よくある質問

クラウドシステムについて、よくある質問を3つ紹介していきます。

システム導入後のサポート・保守性は?

サービスによってはサポートが全くないことや、問い合わせても対応が遅いといった会社もあります。
一方、システムの変更や修正、使用方法などを電話で丁寧にサポートしてくれるような会社もあります。

サービス保守」は長く利用するサービスだからこそ、欠かせない要素です。
いくつかの比較検討をする上では、必ず確認することをおすすめします。

データのセキュリティ面は安全?

サーバとデータ間の通信は、人や機械が簡単に解読できないシステムの仕組みになっています。
データを管理している画面にはそれぞれパスワードの制限も整えられているので、セキュリティ面も厳重です。

商品・取引データを引き継ぐことは可能?

過去データ移行サービスを行っている企業も多々あります。
尚、birdiecloudもオプションで有料ですが可能です。

サービスのファイル形式に合わせて登録すれば、一括で今までの登録情報を引き継ぐことができます。
また商品画像も同様に、ファイルにアップロードしたものを簡単にサービスに一括登録できます。

【まとめ】『管理』をよりシンプルに

アパレル企業のような『管理』の項目が複数ある業界は、「いかにシンプルに業務できるか」が今後ポイントになってきます。

アパレルに特化したクラウドシステムを導入し、今までの作業をよりシンプルに。
そして、成果をあげる販売戦略を実行していきましょう。

まずは、お気軽に「birdiecloud」へ問い合わせ・資料請求をしてみてください。

PR

-ノウハウ
-, ,

Copyright© アパラボ , 2020 All Rights Reserved.