ノウハウ

アパレル業務効率化をすすめる3つのポイント

2019/12/11

アパレルの業務効率化をすすめたい方へ。

現代において、アパレルの業務効率化は必須となりました。
理由は、顧客ニーズの多様化ECの台頭などにより、
正確さとスピード感を持った販売戦略が求められています。

この記事は、アパレル専用の基幹システムを提供する私達が、
これまでの経験と調査をもとに執筆致しました。

アパレル業務改善を考える皆様に、是非ご一読頂きたい内容となっております。

1. 人と機械の役割分担

数ある業種の中でも「アパレル事業」はとくに複雑で、困難を極める業務内容が特徴です。
生産~販売まで膨大な工程が発生する点に加え、四季による商品の変化、
流行による販売量の増減といった課題にも逐一対応が必要となります。
各種管理データの集計〜解析は機械に任せ、
蓄積したデータを元にした販売戦略企画業務
貴重なリソースをあてることが可能となります。

2.他サービスとのCSV連携

それぞれの企業にそれぞれの業務があります。
同じ靴屋さんでも、業務内容が異なることが往々にして発生します。

例えば、
A店はECサイトでの販売も行っているため、
実店舗とEC店舗の在庫を管理しなければいけない。
B点は店舗での小売だけではなく卸売の事業も行っているため、
卸売管理も行う必要がある。

つまり、企業の事業内容によって必要な管理体系・システムは大きく変わってくるのです。
基幹システムの入れ替えを検討する際には、
現在使用しているサービスとの連携ができるかが重要なポイントになってきます。
CSVAPIによって他サービスとの連携が可能な自由度の高い基幹システムは、
今後の事業展開も強力に後押しすることでしょう。

3.本社・店舗・倉庫の関係者全員が使いやすいシステム

どんなに機能が多くても、どんなに優れたシステムでも
使いこなせなければそれは宝の持ち腐れとなってしまいます。
管理システムは、本社の社員の方、店舗のスタッフの方、倉庫の管理者の方、
全員が迷うことなく使いこなせることが重要です。

さらに、万が一故障やエラーが発生した際には、
サポート体制が整っていることも確認しておくことをおすすめしておきます。
システムは止まっても運営は止まりません。
総合的な判断で業務に適した使いやすい・使い続けることができるシステムを選ぶことは、
システム選定者の方に最も求められている部分だと私達は考えます。

アパレル特化型基幹システム「birdiecloud」の強み

  1. アパレル独特のSKUにも完全対応した正確・わかりやすいデータ管理
  2. 蓄積したデータを好きなようにカスタマイズして書き出せる柔軟な「集計・分析機能」。データを元に戦略を練り次の有効な一手を。
  3. 大企業でも安心。業界では珍しい卸売業務~小売業務までカバーしたシステム設計
  4. EC-CUBEに連携可能。自社ECサイトと実店舗の在庫を一元管理し、効率的な販売管理を実現。
  5. サービス開始当初の2015年より契約継続率100%。システムを熟知したスタッフが安心サポート
  6. クラウド型サービスで、常に最新版をご提供。お客様のお声や時代の変化を製品改善のヒントに日々パワーアップ

こんな悩みを持つ企業様におすすめしています

  • 現在の業務で抱えている不安を整理したい
  • Excelでの一元管理に限界を感じている
  • いますぐの導入は考えていないが、どういうシステムか知っておきたい

一度製品に触ってみたい・試してみたい 等、どうぞお気軽にご相談下さい。
是非一度 birdiecloud / birdiePOSに関する資料をご覧ください!

製品HP用のバナー

PR

-ノウハウ

Copyright© アパラボ , 2020 All Rights Reserved.