まとめ

アパレルの在庫管理を最適化する方法とシステムを導入すべき3つの理由

2020/4/1

アパレルの在庫管理を最適化する方法とシステムを導入すべき3つの理由

アパレル業界において、在庫管理方法は非常に重要な役割を担っています。

しかし、その重要性を正しく理解し、最適化する方法を知っていなければ効果はありません。

  • アパレルにおける在庫管理方法の重要性
  • アパレルの在庫管理方法の課題と特徴
  • アパレルの在庫管理を最適化する3つの方法
  • アパレルの在庫管理方法にシステムを導入すべき3つの理由

今回は上記の内容にして解説していき、最終的に利益が上がる方法を紹介していきます。

アパレル業界で働く人にとっては必見の内容となっておりますので、ぜひ最後までお読みください。

アパレルにおける在庫管理方法の重要性

アパレルにおける在庫管理方法の重要性

まず初めに、アパレル業界における在庫管理の重要性について解説していきます。

アパレル業界で在庫管理の最適化を行うと、以下のメリットがあることを覚えておきましょう。

  • 不良在庫の適切化
  • サービスの質
  • 全体の利益

それぞれ詳しく解説していきます。

アパレルにおける在庫管理方法の重要性①:不良在庫の適切化

アパレルにおいて在庫管理を最適化することで、不良在庫の適切化に繋げることができます。

在庫管理を最適化していない状態では、「売れていない商品」の存在を把握することができないからです。

「売れていない商品」が長期的に店舗に残ってしまっていては、無駄なスペースを永遠と保ち続けることになります。

「売れている商品」と「売れていない商品」を正しく把握することで、より効率的に商品をサイクルさせていくことが可能です。

アパレルにおける在庫管理方法の重要性②:サービスの質

アパレルにおいて在庫管理を最適化すると、サービスの質の向上に繋げることができます。

サービスの質というのは、たとえば以下の2つです。

  • 接客の質
  • 需要のある商品の提供

在庫管理の最適化はスタッフの手間を省くことに繋がるので、スタッフは作業時間やメンタル面でも余裕ができ、高品質な接客を可能とします。

在庫管理を最適化していない状況であれば、スタッフは在庫管理に時間を割くことになり、お客様に使う時間とメンタルが捻出できません。

また、在庫管理を最適化は需要のある商品の提供にも繋がります。

前述したように、「売れている商品」と「売れていない商品」を正しく把握できるので不良在庫は減少し、お客様の求める商品だけを店舗に並べることができるからです。

サービスの質の向上させるためにも、在庫管理は重要な役割を占めています。

アパレルにおける在庫管理方法の重要性③:全体の利益

アパレルにおいて在庫管理を最適化することは、店舗全体の利益を向上させることに繋がります。

理由としては前述している2点、「不良在庫の最適化」と「サービスの質の向上」です。

  1. 不良在庫を最適化する
  2. サービスの質が向上する
  3. お客様が商品を購入・リピートする
  4. 店舗全体の利益が上がる

上記のような流れとなります。

アパレル業界でなくとも、在庫管理を徹底している企業は利益の向上を期待できるでしょう。

店舗の最大の目的である利益の最大を目指すためにも、在庫管理の最適化は重要です。

アパレルの在庫管理方法の課題と特徴

現代におけるアパレル業界の在庫管理方法には、課題が山積みです。

アパレル業界が抱える課題と特徴を理解しておくことで、最適化するためには何をすべきかが見えてきます。

特に、以下に挙げる3つの点についてはよく理解をしておきましょう。

  • サイクルの速さ
  • 需要予測が困難
  • 業界特有の習慣

それぞれ詳しく解説していきます。

アパレルの在庫管理方法の課題と特徴①:サイクルの速さ

アパレル業界の在庫管理の課題として、商品サイクルの速さが挙げられます。

トップスやアウター、ジーンズの形にしてもシーズンによって左右され、さらに1年前に売れていた商品が今では売れないという世界です。

次々と移り変わるトレンドに合わせて商品を変えていかなければいけないことが、アパレル業界の特徴でしょう。

実際、売れ残ってしまって季節外れにセール品として格安価格で販売されていることはよく見る風景です。

アパレル業界だけでなく、サイクルの速い商品の在庫管理は難易度が高くなります。

アパレルの在庫管理方法の課題と特徴②:需要予測が困難

アパレル商品の売上はトレンドによって左右されるので、時代の流れを読む力が必要です。

しかし、実際は国や地域によって全く売れ筋商品が変わってくるため、適切な在庫管理ができていないのが現状となっています。

そのため、売れると思っていた商品が大量に売れ残ったり、売れないと思っていたのにすぐなくなってしまうといった事態が起こることはよくある話です。

不良在庫の発生、需要のある商品の欠品など在庫管理を最適化できないことで、利益を失っていることも多いでしょう。

アパレルの在庫管理方法の課題と特徴③:業界特有の習慣

アパレル業界には特有の習慣や考えがあり、それが在庫管理に関する課題となっています。

たとえば、以下の2つの点です。

  • 目視作業による検品
  • アウトレットで売ればいいという考え

アパレルでは人の目視による検品が行われているケースが多く、ミスが頻発しているケースが起こっています。

人が行うことには必ずミスが付いてきますので、その積み重ねが在庫を狂わせる原因です。

また、「残ってもアウトレットで安く売ればいいや」という考えがあるため、不良在庫を甘く考えてしまいがちな特徴もあります。

不良在庫を無くし、在庫を最適化することが利益の最大化を目指すには必要です。

人によるあやふやな在庫管理をしていることが、現代のアパレル業界の課題と言えるでしょう。

アパレルの在庫管理を最適化する3つの方法

アパレルの在庫管理を最適化する3つの方法

では実際に、アパレル業界の在庫管理を最適化する方法について解説していきます。

具体的には、以下3つの方法で最適化することが可能です。

  • 透明化
  • 整理整頓
  • スタッフ間の共有

それぞれ詳しく解説していきます。

アパレルの在庫管理を最適化する方法①:透明化

アパレル業界の在庫管理を最適化するには、透明化することが必要です。

透明化することで、店舗にに必要な情報をすべて正確に把握することができます。

  • 在庫の数
  • 在庫の場所
  • 在庫の仕入れ先

たとえば、上記の情報をすぐにわかるようにすることで、在庫管理を適切に行うことができるでしょう。

流動的に変わっていく在庫を正確に把握するためにも、在庫の透明化が重要となります。

アパレルの在庫管理を最適化する方法②:整理整頓

アパレル業界の在庫管理は、透明化しただけでは意味がありません。

透明化して正確に得た情報を元に、整理整頓をしていきましょう。

ここで言う整理整頓とは、たとえば以下の2つです。

  • 商品の整理整頓
  • 作業手順の整理

不良在庫が見つかれば早めに売り切るような施策を施したり、管理しやすくレイアウトを変更するなどの対策をすることができます。

また、作業の手順をテンプレート化するなどして整理することにより、人でしかできない作業でもミスを少なくすることが可能です。

アパレルの在庫管理において、整理整頓は非常に重要な役割と言えるでしょう。

アパレルの在庫管理を最適化する方法③:スタッフ間の共有

透明化して得た情報や、作業手順の整理は必ずスタッフ間で共有しておくことが重要です。

せっかく捻出した情報や整備した作業テンプレートを理解していない人がいると、在庫管理は台無しになってしまいます。

  • 在庫数の共有
  • 商品陳列方法の共有
  • 作業手順の共有

たとえば上記のような情報を、朝礼やミーティングの時間を設けて共有しておきましょう。

スタッフ間の情報共有が正確に行われていれば、在庫管理におけるミスは起こりにくくなります。

つまり、在庫管理の最適化に近づくことが可能です。

アパレルの在庫管理方法にシステムを導入すべき3つの理由

アパレルの在庫管理方法にシステムを導入すべき3つの理由

アパレル業界の在庫管理を最適化するには、結論としてシステムを導入することが効率的です。

アパレル業界にシステムを導入すべき理由は、以下の3つから考えることができます。

  • 作業の効率化
  • サービスの向上
  • 全体利益の向上

それぞれ詳しく解説していきます。

アパレルの在庫管理方法にシステムを導入すべき理由①:作業の効率化

アパレルの在庫管理にシステムを導入することで、作業を効率化することができます。

システムを導入することで、たとえば以下の情報を瞬時に把握できるようになるからです。

  • 店舗ごとの在庫数
  • 商品ごとの在庫数
  • 棚卸しデータ

人が収集するよりも正確な情報を得ることができ、さらに棚卸し等の面倒な作業も行う必要はありません。

スタッフの作業が効率化することによって、店舗全体の生産性を上げることができます。

アパレルの在庫管理方法にシステムを導入すべき理由②:サービスの向上

アパレルの在庫管理にシステムを導入すれば、お客様に提供するサービスも向上していきます。

システムを導入することで在庫管理が最適化し、お客様に需要のなる商品を提供できるようになるからです。

  1. システムを導入して在庫管理を最適化
  2. 不良在庫・売れ筋商品の把握
  3. 不良在庫の撤廃・売れ筋商品の強化
  4. お客様のニーズに合った店舗の完成

上記のような流れとなり、最終的にはお客様のニーズに応えた店舗を目指すことができます。

また、作業が効率化することにより、スタッフの作業時間やメンタルにも余裕を作ることが可能です。

そのため、接客の質の向上にも繋げることができ、さらに良い店舗を作ることができるでしょう。

アパレルの在庫管理方法にシステムを導入すべき理由③:全体利益の向上

アパレルの在庫管理にシステムを導入することで、最優的には全体の利益を向上させることに繋がります。

作業を効率化しサービスを向上することができるので、お客様のニーズに合った店舗になるからです。

  1. システムを導入
  2. 在庫管理を最適化
  3. 作業効率のUP
  4. サービスの向上
  5. 売上のUP

アパレル業界にシステムを導入することは、この記事で解説している課題を解決するきっかけにすることができます。

ビジネスの最終目的である利益を最大化するためにも、システムの導入は効率的な方法です。

まとめ:アパレルの在庫管理方法の最適化にはシステムの導入が必須

まとめ:アパレルの在庫管理方法の最適化にはシステムの導入が必須

アパレルの在庫管理を最適化する方法とシステムを導入すべき理由について解説しました。

アパレル業界が抱える在庫管理の課題や重要性を理解し、利益を効果的に伸ばしていきましょう。

繰り返しですが、アパレルの在庫管理を最適化するには以下の3つが重要です。

  • 透明化
  • 整理整頓
  • スタッフ間の共有

そして、上記の方法を効果的に導入するにはシステムの導入が必要となります。

ぜひ、店舗の売り上げを効果的に伸ばすためにも、システムの導入をご検討ください。

PR

-まとめ

Copyright© アパラボ , 2020 All Rights Reserved.