まとめ

アパレルにおける在庫回転率の重要性と最適化させる3つの方法を解説

2020/5/27

アパレルにおける在庫回転率の重要性と最適化させる3つの方法を解説

アパレル業界において、在庫回転率は利益に直結する重要なものです。

しかし、在庫回転率の計算方法や把握するメリットを正しく理解しているでしょうか?

  • 在庫回転率とは?
  • 在庫回転率の基準と計算方法
  • 在庫回転率を把握するメリット
  • 在庫回転率を最適化させる方法

今回は上記について理解を深め、効率よく店舗を回して利益を向上させる方法を解説します。

アパレル業界に身を置く人にとって必見の内容となっていますので、ぜひ最後までお読みください。

アパレルにおける在庫回転率とは?

アパレルにおける在庫回転率とは?

まず最初に、アパレル業界における在庫回転率とは何かについて解説していきます。

効率的な対策を取れるようになるためにも、まずは在庫回転率についての基礎を知りましょう。

  • アパレルの在庫回転率は商品が回っているペースを数値化したもの
  • アパレルの在庫回転率は店舗の状況把握に必須
  • アパレルにおいて在庫回転率は利益に直結

それぞれ詳しく解説していきます。

アパレルの在庫回転率は商品が回っているペースを数値化したもの

結論として、アパレル業界における在庫回転率とは、店舗の商品サイクルのペースを数値化したものです。

  1. 商品を発注
  2. 商品を入荷
  3. 商品を陳列
  4. 商品の販売

アパレルでは基本的に上記のサイクルになりますが、感覚で作業していては効率的ではありません。

効率的に商品をサイクルさせるためにも、在庫回転率の把握は重要となります。

アパレルの在庫回転率は店舗の状況把握に必須

アパレルの在庫回転率は、店舗の現在の状況を把握することに役立ちます。

  • 在庫の量は適切か?
  • 発注する必要はあるか?
  • どのような販売戦略が適切か?

たとえば、上記の判断をするときに在庫回転率があれば効率的です。

アパレルに身を置く人は、店舗の状況を把握するためにも在庫回転率を把握しておきましょう。

アパレルにおいて在庫回転率は利益に直結

アパレルにおいて在庫回転率は、利益に直結する重要な数値です。

ビジネスシーンでよく使われる、PDCAサイクルを回すためには数値の分析が必要になるからです。

  • P=Plan(計画)
  • D=Do(実行)
  • C=Check(評価)
  • A=Action(改善)

「C=Check(評価)」「A=Action(改善)」の部分を行うときにデータがあるのとないのとでは、その後の結果が大きく変わってきます。

利益を効率的に上げていくためにも、在庫回転率は重要な存在です。

アパレルにおける在庫回転率の基準と計算方法

アパレルにおける在庫回転率の基準と計算方法

次に、アパレルにおける在庫回転率の計算方法と理想の数値を解説していきます。

具体的な数値を落とし込むことによって、自身の店舗の状況を正確に把握してください。

  • アパレルにおける在庫回転率の計算式は「一定期間の売上高÷一定期間の平均在庫」
  • アパレルの在庫回転率は高すぎても低すぎてもNG
  • アパレル大手ファストファッションの在庫回転率は10〜11

それぞれ詳しく解説していきます。

アパレルにおける在庫回転率の計算式は「一定期間の売上高÷一定期間の平均在庫」

在庫回転率は、以下の計算式で求めることができます。

一定期間の売上高÷一定期間の平均在庫

たとえば1年間の売上高が1,000万円だとして、平均在庫が100万円だった場合、その店舗の年間の在庫回転率は10ということです。

店舗によって、在庫回転率は金額ではなく個数で求める場合もあります。

1年間の売上高が3,000個で平均在庫が200個だった場合、年間の在庫回転率は15ということです。

アパレルの在庫回転率は高すぎても低すぎてもNG

アパレルにおける在庫回転率は低ければいいというわけではなく、逆に高ければいいというわけでもありません。

店舗によっても違いますが、在庫回転率には適切な数値があるからです。

  • 在庫回転率が高い:在庫が足りない可能性
  • 在庫回転率が低い:過剰在庫の可能性

上記のとおりで、在庫回転率が高すぎる場合、お客様に商品が届いていない販売チャンスロスが発生している可能性があります。

在庫回転率が低すぎる場合は、無駄な在庫を抱えている問題が発生していることが考えられるでしょう。

在庫回転率は高すぎず低すぎず、適切な数値でキープすることが利益の最大化に繋がります。

アパレル大手ファストファッションの在庫回転率は10〜11

しかし、実際に在庫回転率をどのくらいの数値にすればいいのかわからないかもしれません。

ひとつの指標として、大手有名ファストファッションブランドの在庫回転率は年10〜11と言われています。

これは、1ヶ月に1回すべての商品が入れ替わるサイクルです。

しかし、あくまでファストファッションは大量生産・大量販売が目的なので、アパレル業界でも高い数値となっています。

もちろんファストファッションを取り扱う店舗の人は参考にすべきですが、取り扱う商品によって変わってくることは理解しておきましょう。

アパレルの在庫回転率を把握する3つのメリット

アパレルの在庫回転率を把握する3つのメリット

アパレル業界において、在庫回転率を把握しておくことは利益向上に繋がります。

その理由は、以下3つのメリットがあるからです。

  • 需要を予測できる
  • 売れ筋の商品・死に筋商品がわかる
  • 全体の利益が向上する

それぞれ詳しく解説していきます。

アパレルで在庫回転率を把握すれば需要を予測できる

在庫回転率を把握することで、ある程度の需要を予測することができます。

商品がどのくらいのサイクルで回っているかがわかるため、1ヶ月後や数ヶ月後に必要な商品が見えてくるからです。

たとえば在庫回転率が年間12だとすれば、1ヶ月ごとに商品が変わる予測を立てることができるため、その時期に新しく必要な商品を入荷すると利益を見込むことができます。

需要が予測できなければチャンスロスに繋がったり、過剰在庫を抱えることに繋がりますので、在庫回転率を把握しておくことは大切です。

アパレルで在庫回転率を把握すれば売れ筋の商品・死に筋商品がわかる

在庫回転率を商品ごとにチェックすることで、店舗の売れ筋商品や死に筋商品がわかります。

売れ筋商品と死に筋商品の判別をつけることで、適切な商品を店舗に並べることが可能です。

  • 在庫回転率が高い商品:売れ筋商品
  • 在庫回転率が低い商品:死に筋商品

あくまでもひとつの目安ですが、在庫回転率の高い商品は販売が追いついていない可能性があるため、さらに在庫を増やして数値を下げましょう。

逆に在庫回転率の低い商品は在庫が回っていない可能性があるため、死に筋商品と判断することができます。

アパレルで在庫回転率を把握すれば全体の利益が向上する

在庫回転率を把握する最大のメリットは、店舗全体の利益が向上することです。

需要を予測することができ、売れ筋商品・死に筋商品を把握することができれば、店舗の在庫を最適化できるからです。

  1. 在庫回転率を把握
  2. 需要の予測
  3. 売れ筋商品・死に筋商品の把握
  4. 在庫の最適化
  5. 利益の向上

上記のような流れとなり、最終的に利益の向上に繋がっていることがわかります。

店舗全体の利益を向上させるためにも、在庫回転率を把握しておくことは大切です。

アパレルの在庫回転率を最適化させる3つの方法

アパレルの在庫回転率を最適化させる3つの方法

それでは、アパレルにおける在庫回転率を最適化させる方法について解説していきます。

以下3つのポイントをおさえておくことで、在庫回転率を最適化することが可能です。

  • 不良在庫の処分
  • 売れ筋商品の確保
  • 在庫管理の最適化

それぞれ詳しく解説していきます。

アパレルの在庫回転率を最適化させる方法①:不良在庫の処分

アパレルの在庫回転率を最適化させるには、不良在庫の処分をしていきましょう。

在庫回転率の低い商品は在庫を抱え過ぎている可能性があるため、適切に処分していくことで最適化が可能です。

  • 発注を止める
  • セールなどで安売り
  • 廃棄・返品処分する

具体的には上記のような方法で在庫回転率を最適化することができます。

不良在庫と判断できる商品の発注はすぐにやめ、セールなどで安売りして売り切ってしましましょう。

返品できるものは返品し、店舗に不良在庫がなくなることが理想的です。

アパレルの在庫回転率を最適化させる方法②:売れ筋商品の確保

売れ筋商品を確保することで、アパレルの在庫回転率を最適化することができます。

在庫回転率の高い商品は販売チャンスロスの発生が考えられるため、より在庫を多く抱えることで利益を向上させることが可能です。

  • 発注を増やす
  • 目立つ場所に陳列
  • 販売価格の最適化

より売れ筋商品と見込まれる商品は店頭などの目立つ場所に置くことで、さらに販売数を増やすことができます。

その際には発注量を増やす必要がありますが、利益を向上させるためには非常に効果的です。

しかし、それでも商品が足りないということになれば、販売価格を最適化しなければいけません。

販売価格を上げることに抵抗があるかもしれませんが、販売できる数が決まっているのであれば必要な施策です。

売れ筋商品を確保することでアパレルの在庫回転率を最適化し、利益を最大化させていきましょう。

アパレルの在庫回転率を最適化させる方法③:在庫管理の最適化

アパレルの在庫回転率を最適化するには、あわせて在庫管理も最適化しておくことが重要です。

在庫管理を最適化しておくことで、より在庫回転率を正確に計ることができ、適切な判断を下すことができるからです。

逆に、在庫管理をおざなりにした状態で在庫回転率を算出していても、それは本質的に意味がありません。

具体的な在庫管理の最適化には、以下の3つが必要です。

  • 在庫の透明化
  • 在庫の整理整頓
  • スタッフ間の情報共有

上記を意識的に行うことによって、より利益を見込める店舗にすることができます。

在庫管理を最適化し、在庫回転率を正確に把握、そして利益の最大化を目指していきましょう。

まとめ:アパレルの在庫回転率は重要

まとめ:アパレルの在庫回転率は重要

アパレルにおける在庫回転率の重要性と最適化させる3つの方法について解説しました。

在庫回転率の基礎的な知識から計算方法、そして重要性を理解し、店舗の利益を最大化していきましょう。

  • アパレルの在庫回転率は商品が回っているペースを数値化したもの
  • アパレルの在庫回転率は店舗の状況把握に必須
  • アパレルにおいて在庫回転率は利益に直結

繰り返しですが、在庫回転率の計算方法は以下のとおりです。

一定期間の売上高÷一定期間の平均在庫

在庫回転率を把握して売り上げを上げるために、ぜひ参考にしてください。

PR

-まとめ

Copyright© アパラボ , 2020 All Rights Reserved.