業界ニュース

【新しいビジネスの可能性を探る】サブスクリプションサービスのプラットフォーム「TEIGAKU」

投稿日:2019/3/1 更新日:

Netflixの画像

「サブスクリプションサービス」という言葉を目にしたことはありますか? NetflixやAmazonプライム、Apple Musicなどに代表される「定額サービス」を意味する言葉で、今世界中で盛り上がりを見せている、新しいビジネスのカタチです。

国内でもさまざまなサブスクリプションサービスが続々と生まれる中、あらゆるジャンルのサブスクリプションサービスを網羅するプラットフォームが昨年ローンチされました。その名も「TEIGAKU」です。EC機能も備えたオールインワンのサービスとして注目を集めています。

今回は「TEIGAKU」の仕組みや特長をご紹介するとともに、時代のニーズにフィットする新たなビジネスの可能性についても考えてみます。

サブスプリクションサービスに特化したマーケットプレイス

TEIGAKUの画像

(出典:TEIGAKU

TEIGAKUは、国内のサブスクリプションサービスを集めた、インターネット上のプラットフォームです。フード・グルメ、ファッション、ビューティー、エンターテイメントなどにジャンル分けされており、ユーザーは多彩なサービスービスメニューの中から目的や予算に合うものを簡単に見つけることができます。

またサブスクリプションサービスを提供したい事業者と、サブスクリプションサービスを提供したい消費者をマッチングするマーケットプレイスとしても機能しており、既に決済機能や配送サポート機能も実装しています。つまり出店者は自社のホームページに専用のシステムを構築することなく、すぐにサービスの提供を始めることができるのです。同時に詳細なデータも得られるので、顧客の契約状況の確認や動向の分析などのマーケティングに活用できる利点も併せ持っています。

出店を決めた場合、掲載料は通常月額3,000円のところ最初の6ヶ月間無料、さらに出金手数料も通常10%のところ5%に割引と、2019年2月現在は参入しやすい条件が揃っています。サブスクリプションサービスに特化したオンリーワンのプラットフォームなので、質・量・種類ともにこれからますますコンテンツが充実していくのではないでしょうか。

固定観念からの脱却と発想の転換で、新たなビジネスの可能性を見出す

TEIGAKUの画像

(出典:TEIGAKU

TEIGAKUに掲載されているサブスプリクションサービスは、ジャンルも内容も多種多様で、実にバラエティーに富んでいます。今までにない視点のサービスもあれば、果たして需要があるのか分からないサービスもあるのが現状です。

ファッションに目を移してみると、今のところ衣料品やアクセサリーの定額レンタルサービスがほとんどのようです。消費の価値観が「所有」から「シェア」へとシフトしつつある時代背景が映し出されているのでしょう。中でもビジネスマン向けの定額スーツレンタルや、子供服の定額レンタルは需要がありそうですね。

さらに「モノ」から「コト」へ視点を変えれば、新しいビジネスの可能性が見えてきます。例えば就活生をターゲットにした、コンサルティングファーム出身者によるエントリーシートの添削というユニークな定額サービスも既に存在しています。

ポイントは固定観念からの脱却と発想の転換です。自社が保有するリソースどのように活用してビジネスにつなげていくかを、新たな視点で考えていく必要があるのではないでしょうか。

まとめ

時代が変われば、消費者のニーズや価値観も変わることもあります。またそれに応じてビジネスの中身も進化していかなければならないでしょう。TEIGAKUのような新しいサービスをうまく活用しながら、ファッションビジネスの新しいカタチを模索していきたいですね。

◆マーケティングに関する記事はこちら!

スポンサーリンク

-業界ニュース
-, ,

Copyright© アパラボ , 2019 All Rights Reserved.