保守性

サービス特徴

システム投資には、保守性の検討が必須です。birdiecloudは、常に変化を続けるアパレル・ファッション業界で末永く使っていただくために、保守性の高さにこだわりました。変化に強い柔軟性を持ち、使いやすく、万が一の時にも安心して使えるサービスです。

高価な専用機器は不要

1台あたり数十万円もする専用POSレジ端末、場合によってはさらに高価で機種選定が難しいサーバ機器、メーカー保証が切れる度に必要なリプレース予算・・・高価なハードウェアの購入は、常に頭を悩ませます。

birdiecloudでは、そういった悩みは大幅に軽減されます。ノートパソコンをPOSレジとして使うので専用POSレジ端末は不要で、サーバ選定も不要。もちろん、サーバは弊社で管理いたしますのでリプリース予算も不要です。

必要なものは、インターネットの繋がるパソコンとレジ回りの周辺機器(レシートプリンタやキャッシュドロワなど)のみです。いずれも安価に導入できるものばかりなので、お使いの機器が古くなってきたり壊れたりしたときにも、従来のように買い換えに頭を悩ませることはありません。また、birdiecloudと連携している機器は国産メーカーを中心に選定しておりますので、非常時の対応もご安心下さい。

常に最新版のソフトウェアにアップデート

birdiecloudは、常に進化を続けます。技術の進歩にシステムを適応させたり、常に最新のセキュリティ対策を実施するなど、新たな情報を取り入れて日々改善に取り組んでおり、ご契約者さまには最新のアップデートを適用していきます。

その他、実際にシステムをお使いいただいている方々の声を企画・開発チームにフィードバックし、アパレル・ファッション業界の業務についての知識も日々吸収していくことで、より使いやすい機能への改善や新しい機能の開発に役立て、使い勝手の向上に努めています。

SHOP販売を支える安心設計

業務をしていると、いずれ「もしも」のときが訪れます。特にSHOPの販売業務では、営業活動がストップしてしまうと多大な損害が生じてしまうにも関わらず、システムに強い人材を配置しておくケースは稀なため、徹底した安心設計を考案・実現しました。

「もしも」インターネット回線が一時的に繋がらなくなったとき、birdiePOSレジでは一部の機能(クレジット決済やポイント利用など)を除いて通常通りの販売業務を続行することが可能です。インターネット回線の復旧後は、特別な作業をしなくても自動的にデータがクラウドに保存され、元通りです。

「もしも」POSレジとして使っているパソコンを無くしてしまったとき、birdiePOSレジでは顧客の個人情報やクレジットカード情報をパソコンに保存していないので、流出の心配はありません。また、無くしてしまったパソコンからはログイン出来ないようにすることも可能です。

お客さまが困ったときのために、通常の操作マニュアルに加えて障害対応マニュアルもオンラインでご確認いただけるようにしております。また、休日・祝日も受け付けておりますヘルプデスクもご活用下さい。